千葉 アリサ オフィシャルブログ 「alyssaのあのね帳」

alyssaのあのね帳 - 千葉 アリサ オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ >>



March


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

食べんしゃい♪

食べんしゃい♪

eizo

eizo

梅の花。

梅の花。

PHOTO一覧 >>


2012/03/29 (Thu) 00:00

時を待つ〜love story~ [ブログ]

春、、、出会いと別れの季節。。。
「自分にとっての一歩前に足を進めるとは何だろう」と想いをはせる季節でもありますね。

人生は 出会いと別れの繰り返し。
出会う人、別れる人、それぞれの人生が交差することで時を共にする。(それは、やはり意味を持ち、特別なことだと思える。)
その中で、自らの決断で道を作っている。

“恋愛での別れ”においては、あまりにもいろいろな感情(喪失感とか)が絡まって丸裸になるのが痛くて大変。
でも、失恋をして立ち上がろうとするときほど、鏡に映った自分のぼろぼろの顔をみて、癒すには何をすればいいか?光っている道への一歩足は何か?と(例えば 泣いている親友に言葉をかけるように)真剣に考え、
「自分を大事にしてあげよう。愛そう!」と強く思う機会もそうないかもしれない。
“自分を愛することができなければ、人を愛することはできない。”ということの意味を体感したり。

自分を知ろう、新たな自分と出会おうと思うときに。。。もしくは、恋する気持ちを高めたいときに観たくなる、女性へのおすすめラブストーリー☆

画像(173x310)・拡大画像(359x639)

『食べて祈って恋をして』


〜ニューヨークで活躍するジャーナリストのリズは、離婚や失恋を経験し、35歳で人生をリセットしようと一年間の旅に出る。
旅の中で“出会う人を先生、起こることを手がかり”にして、
イタリアで“食”に魅せられ、人生を楽しむことを学び、インドでは“瞑想”にふけり、心と対話をする。執着を手放すこと、赦すこと、自分の中によりどころと調和を見つけることを学ぶ。最後に訪れたバリ島では、“恋”に落ちるが•••。〜というストーリー☆

女性の直面する悩みから 自分を解き放つことの大切さを感じて、勇気が出てくる映画です♪



画像(310x173)・拡大画像(639x359)

『マイ•ブルーベリー•ナイツ』


〜恋人の心変わりで失恋したエリザベス。慰めてくれたのはカフェのオーナー、ジェレミーが焼くブルーベリーパイだった。しかし、それでも別れた彼を忘れられないエリザベスは、旅にでる。〜

この映画で大好きなセリフ。

「他人は鏡のような存在ね
自分を知るための手がかり
他人の姿に自分を映すのよ」

友達もそう、恋をする相手にも。自分をとりまく環境にも言えることだと、日に日に思うんです。

主演のノラ•ジョーンズの心地良い音楽と、ウォン•カーウァイ監督の鮮やかな映像美のロマンティックさに酔いしれる。まさにブルーベリーパイのような恋愛の甘酸っぱさが表現された世界観が素敵。

画像(310x310)・拡大画像(640x640)

どちらも、「自分探しの旅にでる」映画だけど、(あと、キャメロン•ディアスとケイト•ウィンスレットの『ホリディ』も大好き!!)現実の生活の中で自分を知っていくことをしていきたいものです。(旅はより、そういうことに集中できるだろうけれど。)人生そのものが旅とも言えますものね。

私が思うのは、
自分と出会い、恋と出会う。
ということです。

何を信じるのかで道が照らされる。
人生の中でどういう感動を得たくて どういう人といたいか、描いたときに 現れる。

準備が整ったときにチャンスが訪れる。
また恋をする勇気を持ったときに。。。

そういうもんだと思っています。

時が満ちるまで、時を待つ。

その手がかりやヒントは今の中にあるのだと☆

千葉 アリサ
千葉 アリサ
誕生日 / 10月16日
血液型 / O型
出身地 / 兵庫県

こちらのQRコード
からケータイ版へ
アクセスできます

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright(C)2008 STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.