千葉 アリサ オフィシャルブログ 「alyssaのあのね帳」

alyssaのあのね帳 - 千葉 アリサ オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ >>



March


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ちくわ。

ちくわ。

mother’s day

mother’s day

月をみています。

月をみています。

PHOTO一覧 >>


2014/03/05 (Wed) 17:01

Philip Seymour Hoffman [ブログ]

名優 フィリップ•シーモア•ホフマン氏の追悼の意から 彼の出演作品を続けて観ています。

『チャーリーウィルソンズウォー』『スーパーチューズデー』『カポーティー』『ブギーナイツ』(スコッティー最高)

『あの頃ペニーレインと』のあのナイスなジャーナリストもそう!(大好きで何度も観てるからなじみ深い)

多種多様で全く違う役、その人物の心の動きがみるみる見てとれる演技に 引き込まれる。
悪役でもピュアな善人役でも、脇役でも その存在感が作品を彩りエネルギーを放つ、まさに
“名優”とはそういう人を呼ぶのだろうなと思う。

これからも ずっと色あせることなく 映画の中で輝き語り続ける。ご冥福をお祈りします。

画像(310x310)・拡大画像(640x640)

今日は、多分はじめて彼を観た作品
『マグノリア』 (P•T•アンダーソン監督)を久しぶりに観ました。

一見全く関わりを持たない人たちに起こる出来事が 複雑に交差してつながる ひとつの物語。

人間の哀しさ、弱さ、愚かさ、
そして 優しさ、赦し、愛  

大胆に繊細に描かれている。
感情をえぐるような展開とほかのストーリーとをつなぐ 死期迫るがん患者の主治医の(ホフマン)善良で温かなシーンにホッとなりながら。

過去や、自分への愛との向き合い方
嘘をついたり隠しても 過ちと罪悪感は消えることはない。悔いとなり苦しめる。心を蝕んでゆく

間違えぬよう。何を赦すかも。

考えさせられ ずしりと残った

改めて素晴らしい映画だと思いました。

千葉 アリサ
千葉 アリサ
誕生日 / 10月16日
血液型 / O型
出身地 / 兵庫県

こちらのQRコード
からケータイ版へ
アクセスできます

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright(C)2008 STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.