千葉 アリサ オフィシャルブログ 「alyssaのあのね帳」

alyssaのあのね帳 - 千葉 アリサ オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ >>



April


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ついに。

ついに。

Connect

Connect

今日のごはん

今日のごはん

PHOTO一覧 >>


2014/04/03 (Thu) 23:15

須我神社 [ブログ]

ラストディ☆
帰る前にあとひとつだけ訪れることにした
(これで行きたかったところ全部行けた!)

画像(232x310)・拡大画像(480x640)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

和歌発祥の古社 『須我神社』。

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

御祭神 『素盞嗚尊』(大国主大神の父神)
   『稲田姫命』

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

凛としていて力強い空気

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(232x310)・拡大画像(480x640)

鳥居をくぐり、階段を250メートル登って行く
素晴らしく美しい竹林に心洗われる

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

なんとも清々しい神聖な空間

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

これにて、ロングロング神社巡りレポート終了!

写真の色でも伝わるかな、どの神社も雰囲気や印象がまるで違う。でも、確かな浄化と癒し、そしてパワーをもらいました。自分のなににスポットをあてて歩みたいか、なんてゆうことも整理できたかな☆どこに目を向け、感じるか。やねぇ

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

帰り道の足どりも軽く  ホーホケキョー♪
うぐいすと呼び合いっこ。(のつもり)

最高に充実した家族旅行となりました!

自然の中に宿る神々に感謝。(その思想、寄り添い方に共感します。)出会い、出会いゆく人に感謝♡

2014/04/03 (Thu) 22:42

出雲大社 [ブログ]

そして、ついに “出雲大社”へ。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

まずは“祓社”で参拝し、心身を祓い清めて参道を進む

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

主祭神“大国主大神”が高天原の天照大神に国を譲る際その功績を称えて築かれたた巨大神殿。
国造りの神、また〈目に見えない世界を司る神〉ということから即ち、縁結びの神と親しまれています

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

大黒様は西を向いて鎮座しています。ここでもお礼

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

八雲山に抱かれるようにご本殿が鎮座しており、その壮大さは 自然そのものが神というのだろうと感じる。厳粛な気持になって 静かな心に宿る光とそれは繋がっているように思った。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

“十九社”。神在祭期間の八百万の神々の宿舎

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

なでなで。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(232x310)・拡大画像(480x640)

出雲大社を象徴する“神楽殿”の注連縄

おっきーい!!

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

出雲そばをいただき

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

「古代出雲歴史博物館」にも行ってきましたv

駿監督の『もののけ姫』をまた観たくなったよ

2014/03/31 (Mon) 16:16

日御崎神社/稲佐の浜 [ブログ]

パーフェクトブルースカイ!に恵まれた2日目、
早起きして向かうは

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

“日御碕神社”。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

『日沈宮』天照大神 『神の宮』素盞嗚尊

画像(232x310)・拡大画像(480x640)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(232x310)・拡大画像(480x640)

思わず「わあ〜〜〜」と声がもれる

なんとも美しく鮮やかな朱

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

空と海の青と、木々の緑、光に映える 朱。

徳川家光の時代に造営された社殿は 桃山時代の面影を残すあでやかさ

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

優美で澄んだ空気感がため息もので胸いっぱい

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

そして “稲佐の浜”へ。

ここは、神在月に八百万の神々が降り立つ浜

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(232x310)・拡大画像(480x640)

気持ちよくって 嬉しくなって

降臨の舞☆ ずいぶん舞いましたw

2014/03/30 (Sun) 16:48

玉造温泉 [ブログ]

夕方からは、楽しみにしていた“玉造温泉”へ。
美肌•姫神の湯ともいわれている

のんびり堪能して、玉造温泉の効能を実感した後、情緒ある温泉街を散策☆ お目当てはこちら!

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

“湯薬師広場”で「天然の化粧水」と呼ばれる源泉をお持ち帰り♪ (美肌温泉ボトル 200円)
ライターさんから聞いていて是非来たかってん

〈『硫黄塩泉』…たっぷり水分補給しハリと潤いを与えるのでアンチエイギング作用が期待できる〉

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

お土産に(5日ほどしか持たないと言われているのですぐ会う人の分だけ)☆

宿の部屋でも、おしみなくシュッシュシュッシュ♪いや、ほんと!いいですよ〜b

画像(232x310)・拡大画像(480x640)

貸し切り露天風呂もある“松乃湯”にて。
(従業員の方の温かな歓迎が印象的でした)

さらさらしっとりもっちりお肌になって大満足

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

夜な夜な 姉ローリーと情報集に盛り上がるw

日本神話好きだし、御祭神や言い伝えなんかを知っていた方が より感じれておもしろいもんね。
夢中になっておさらいし 眠りについた☆

2014/03/30 (Sun) 16:01

熊野大社/八重垣神社 [ブログ]

春分の日の三連休に、春休みのメインイベント☆
「出雲大社 からの神社巡り」へ家族旅行!

出雲は神々の国、神話の国といわれ、古代からの伝統を受け継ぐ古社がいたるところにあります。行きたいところを下調べして2泊3日でゆっくり巡ってきました。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

1日目、出雲に着いてまずお参りに行ったのが
“熊野大社”。火の発祥の神社といわれている

気高く優しい佇まいにほっとする感じ

画像(232x310)・拡大画像(480x640)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

なんとも重みのある存在感。鎮火際の舞台となる
鎮火殿 (類をみぬ変わった神事なんだそうな)

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

そして “八重垣神社”へ。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

八岐大蛇退治で名高い素盞嗚尊と、国の乙女の花と歌われた稲田姫命の御夫婦が主祭神。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)
画像(310x232)・拡大画像(640x480)

御本殿後方の奥の院 佐久佐女の森は、素盞嗚尊が大蛇に生贄にされそうになった稲田姫命を隠した場所と伝えられている(大蛇を見事倒し2人は夫婦となるので縁結びの神社として名高いんだそうな)

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

とても神秘で清く美しい森。

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

感謝とご挨拶。
縁結びは恋愛や結婚だけでなくて 仕事や歩み、人として成長に繋がるご縁なのだと解釈しています

画像(310x232)・拡大画像(640x480)

ひっそりとある 鏡の池で占い
(本当に鏡のような綺麗な池。和紙に硬貨をのせて沈む距離や速さで占うんだそうな)うふふー♪

過去の記事へ

千葉 アリサ
千葉 アリサ
誕生日 / 10月16日
血液型 / O型
出身地 / 兵庫県

こちらのQRコード
からケータイ版へ
アクセスできます

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright(C)2008 STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.