トップページへ

March


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

タンジュンカイメイ

タンジュンカイメイ

まえがみのわけまえ

まえがみのわけまえ

ヤド歌リ

ヤド歌リ

エール [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

クロスケさん

ファンメールありがとうございます。
お兄様が福島で働いていらっしゃるんですね。心配です。

放射線量は少しずつ減っているようですが、不安は日本から海外まで大きくなる一方ですね。
福島にいたら、どれだけ不安で不自由なことでしょうか。

それでも、最近は、テレビでも福島県にいらっしゃるかたがたの笑顔が見られるようになって、少し安心しています。
仮設住宅の建設や、避難所の訪問診療の開始など、少しずつ嬉しいニュースも増えましたね。

このまま、福島県に、多くの被災地に、明るい出来事ばかり起きて!
切に、願っています。

神奈川や東京は、日常を取り戻しつつあって、活気も出てきました。
すごくいいこと。

だけど、被災地が元気になるまで、
ずっとずっと過去のことにしないで、応援します。

東京少女を見てから応援してくださっている、クロスケさんとお兄様に恩返しの気持ちを込めて、応援します(^^)

2011/03/28(Mon)23:23
母校孝行 [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

中学の時、お世話になった先生方の離任式に行ってきました。

壇上で、先生が話していたんだけど

なんだか自分は卒業生という立場で、あの頃からもう4年の月日が経っていて

先生の言葉から伝わるものが、大きく変わっていました。

先生方とお別れしたのは卒業式のときで、送ってもらう立場だったけど

今度は先生方が送り出される立場になっていて。

一言一言、大切に、ことばを届けてくださる姿や

生徒からお別れのことばと花束を受け取る姿が

なんだかいとおしいような、誇らしいような、

いろいろな思いが胸の中に生まれました。

先生方を送るために、本当にたくさんの卒業生が集まっていて

中には6年前の卒業生もいて。

みんな、先生方はもちろん、この中学と、そこでつくった思い出が大好きなんだなあと思うと

ああ、やっぱりこの中学を卒業してよかったと、ほっこりとした気持ちになりました。

だからやっぱり、恩返しがしたいんだよなあ。

卒業しても、先生方が離任しても、私が生徒であることは変わらないけど

私もひとりの人間として、立派な姿を見せることで、恩返ししたい。

改めてそう思ったのでした。

2011/03/26(Sat)23:30
レッツ列 [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

人生初、食べ物のために行列に並びました。

つけ麺のために!

寒い中、待つこと約2時間!

やっとありつけた、つけ麺!

小盛りにしたのに、なんというボリューム。

麺が太くてちぢれていて、よくタレに絡むこと!

そして、つけダレが濃厚だから、さらにボリューミー。

つけ麺って、こんなにずっしり来るものなのですね。

だけどたまに柚子の風味がするのが、あっさりして美味しいのです。

ちなみに写真はありません。

どこかも言いません。

行列増えたら困るもんね〜

なんてね。

消費活動。消費活動。

カロリーも消費しなきゃ(*_*)

2011/03/25(Fri)00:13
福永マリカ

Fukunaga Marika

福永マリカ

1992年1月4日生
神奈川県出身
0型

ファンレター宛先
〒150-0011
東京都渋谷区東1-13-14渋谷松永ビル1F
(株)スターダストプロモーション内 福永マリカ 係

ファンメールはこちら >>
こちらのQRコード
からケータイ版へ
アクセスできます

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright(C)2008 chalet project., amazement Inc. All rights reserved.