トップページへ

December


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オーバーハート

オーバーハート

LUCK日

LUCK日

柿食う結構。

柿食う結構。

無寢 [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

発表課題におわれています。

眠っちゃいけないと思い、机に向かって本をもちながら

ウトウト ウトウト

少しの眠りの間に夢を見て

馬に追われたり
山積みの本につぶされたり

なんやらかんやら忘れちまったが

脅迫的な夢のみ見て

起きて寝てしまったことを悔い

そんな毎日。

無駄。

昨日と今日がわからないまま

気付けば12月。

ちゃんと生きなさい、わたし。

2011/12/01(Thu)23:16
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

最近、ばかみたいに薄着で出かけがち。

着たいものを着てしまうから、っていうおしゃれな理由かと思ってたけど

なんだ

どうやら違う気がしてきた。

最低気温を無視して、最高気温にあわせて服を選ぶからだ。

最高気温は毎日ちゃんとみてるけど

最低気温なんて、まったく意識してなかった。

どうりで寒いわけだ。

でもさ

最低を意識せず、最高だけ意識するって

言葉だけ聞いたらすごくポジティブだよね。

という、ポジティブシンキング。

2011/11/30(Wed)17:38
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

あちゃあ脱字。

ミヒャエルエンデね、ミャエルじゃない。

momoにてホットコーヒーを飲んだら、ふくろうのスプーンがついてきた。

ふくろう好き。

フォルムが好き。

聡明なおじいちゃんみたいで好き。

2011/11/29(Tue)18:55
盗難アジア [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

吉祥寺にオシャリーなカリー屋さんを見つけた。

momo。

素揚げ野菜のカレー。

素揚げにするか? みたいな野菜まで素揚げにしているんだけど

それもまた香ばしくて美味。

靴を脱いでくつろげる席もあって、ついつい長居しちゃった。

流れる時間はゆっくりなのに

あっという間に時間がたつお店。

ミャエル・エンデの『モモ』を思い出したなあ。

時間どろぼうがいるのか、ここには。

2011/11/29(Tue)18:54
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

赤ちゃんが、ひたすらわんわん泣いているのをみて

かなしいのも、寂しいのも、おなかが空いたのも、泣くことで表しているのね

そんな時代もあったのか

表現の術を手に入れて成長したなぁと思うと同時に

もう味わうことのない感覚に寂しくなったりもした。

だけどね、この間、風が吹いたときに急にあの赤ちゃんの感覚を思い出したんだよね。

冬の、小学校の通学路。

夜八時くらい、歩いたことのない時間。

人が本当に亡くなるってことを、はじめてわかった日だった。

その感覚は、悲しいのと違って

すごく衝撃的で、気持ちがついて行かないからイライラして、気付いたら泣いてた。

今ならどうしたかなぁ。

どう表す感情だったんだろう。

今だって、人が亡くなる感覚はあまり知らない。

怖い、が一番近いかなぁ。

感情を表す術を知ったから、

感情を隠す術も手に入れたんだろうな。

2011/11/29(Tue)18:54
柑橘満喫 [日記]
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

みかんたろう現実バージョン

ともだちみんなで、ドライブで湯河原までいった!

ドライブ。ともだちが運転できるってことがなんだか感慨深い。

いつも一緒にきゃっきゃ言ってる友達の運転する後ろ姿、なんだか自分がすごく子供に見えたなあ。

といいつつ、無責任におまかせして着きました湯河原。

いざ、みかん狩り。

くだもの狩りが夢だった私、大興奮よ。ひとりで騒いだよ。

たくさんのみかんが木になっている、それだけで夢のようよ。

同じ木になっていても、それぞれ全く味が違ってね

誰が一番おいしいのとれるかって競争したりもした。

おいしいの探して味見し続け、興奮に身を任せていたら、

みかん15個くらい食べてた。

うそでしょ、って平均4個くらいみかん食べたともだちみんなに言われたけど

ほんとだよ。

むしろ、4個とか、うそでしょなんで?

そのあとは温泉に行ったんだけど、

温泉の受付の人の親指が黄色くて、みかんの町なんだなぁと思いました。

わかるよ、黄色くなるよね。

温泉は、なんの変哲もない温泉だったけど、それもまたよし。

湯上がりのマッサージ機くんが、ツボをよくわかっているいいやつで、大満足でした。

結局、あまり時間がなくて

みかんと温泉でいっぱいの旅だったけど、ただそれだけをしたその時間が贅沢でした。

今日もお土産のみかんを食べながら、思い出をかみしめているよ。

もぐもぐ。

2011/11/29(Tue)11:31
Copyright(C)2007 STARDUST PROMOTION Inc.

ふーくながさん
ふくながさん

おこしにつけたチョコスコーン

ひとつわたしにくださいな

そうして集まった仲間たちと、ふくながさんは旅に出ました。

湯河原へ。

湯河原の町にはいると、橙に光る実のなる木がたくさん見えました。

おや、あれはなんだろう

みんな、導かれるようにしてその実のなるほうへむかいました。

おお、これが伝説の実、みかんか!

みんな、たくさんのみかんを前に大喜び。

もぎもぎ
もぐもぐ

伝説になるのもうなずけます。

その実をかじると、まるで泉が沸いたかのように果汁があふれだすのです。

そして、あまいあまいその果汁は、旅につかれたからだにしみわたるよう。

おいしいね
おいしいな

胃袋に、そしてもってきた袋に

たくさんたくさんその実をつめて

大満足で帰りましたとさ。

あらら

鬼退治はわすれちゃった

みんななかよく

めでたしめでたし。

2011/11/29(Tue)11:30
福永マリカ

Fukunaga Marika

福永マリカ

1992年1月4日生
神奈川県出身
0型

ファンレター宛先
〒150-0011
東京都渋谷区東1-13-14渋谷松永ビル1F
(株)スターダストプロモーション内 福永マリカ 係

ファンメールはこちら >>
こちらのQRコード
からケータイ版へ
アクセスできます

RSS1.0
powered by a-blog
Copyright(C)2008 chalet project., amazement Inc. All rights reserved.