早織おぼえがき - 早織オフィシャルブログ

早織おぼえがき

海の日 [映画]

2019.07.15 Mon

Instagramに載せる写真に
文字情報が多い。

文字を読みたい人は
さしていないだろうにと思いつつも
好きな写真を載せている。

ブログにやってきた。
ひさしぶりのブログ。
令和になっていたり31歳になっていたり。

ぱちぱちパソコンで
打つの、たのしいね。

チラシが素敵だった『サマーフィーリング』という映画を観るとする。
https://summerfeeling.net-broadway.com
『アマンダと僕』のミカエル・アース監督作品。

フィーリングッドさ〜
と東郷清丸氏の「サマタイム」が
https://youtu.be/bfGT2041t1c
頻繁に頭の中を流れてくる7月です。


Posted by 早織 at 00:31 パーマリンク

“I miss his smell” 『心と体と』 [映画]

2018.03.13 Tue

今年のアカデミー賞外国語映画賞に
ノミネートされていたハンガリー映画
『心と体と』の試写に行きました。

画像(450x450)・拡大画像(640x640)

普段では、頭の理解が及ばない領域の反応
を引き起こされ、ああ心がうごいている…と
かんじる映画に出会うとたまらない気持ちになる。

4月14日公開予定。
http://www.senlis.co.jp/kokoroto-karadato/


Posted by 早織 at 18:35 パーマリンク

手ということば [映画]

2017.09.19 Tue

画像(360x450)・拡大画像(512x640)

とあるオーディションを受けたとき
おふろスポンジの握り方を褒められた。
なんでも、スポンジの握り方から
普段よく掃除をする人だということが
感じとれたらしい。
特に意識して握っていたわけではない。
スポンジひとつ握ることでも
様になるとかならないとか、あるようだ。

厚みと丸みのある
わが父の手に目をやると
何十年も仕事をしてきた経験が
はかり知れない層として
形を成してきたように思われる。


手は雄弁に語る。


先頃『新感染 ファイナル・エクスプレス』
http://shin-kansen.com/sp/index.php
という映画を心底はらはら
手に汗握る思いで観た。

スクリーンにはいろんな手が映されていた。
父の手、幼い娘の手、荒れ狂うゾンビの手。
人を陥れる手、人を救う手‥


映画を観た日の夜は
夢のなかに夥しい数のゾンビが
あらわれるかもしれないなあと
びくびくしていた。

しかしその日みた夢は
友だちとわたしが協働で何か作ろうとしている
温かみを帯びた断片的な光景だった。


Posted by 早織 at 19:12 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

早織

プロフィール

早織

誕生日:1988年5月29日
出身地:京都府

早織おぼえがき

こちらのQRコードからケータイ版へアクセスできます


RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[Login]


Copyright(C)2008 STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.