早織おぼえがき - 早織オフィシャルブログ

早織おぼえがき

くつくつ [おぼえがき]

2019.02.12 Tue

夜に目黒川沿いを歩いていたら
あ、春のにおいだ、と思った。
日中がぽかぽかとあったかかったから
その名残をかんじているだけだろうか。

いや、まだ寒さは当分つづくだろうけど
(ああ、外は冷えこんできたのだけれど)
冬とのおわかれを知らぬ間にむかえている。


数日撮影していたオムニバスショートドラマが
今日でオールアップ。
早朝から集合し、昼すぎに撮りおわった。

高校生(〜20歳くらいの子)たちと
いっしょに撮影していた。
なんとしっかりした16歳がいるのだろう
と感じたわたしがいて、
さてこちらの年齢を言うと
もっと若く見えましたと言われたりして
あ、かつてのわたしもそんなようなことを
年上の人との会話で言ったことあったなあ
なんて思いだし、そのときのそのひとも、
今のわたしと同じような感触をおぼえたり
したのだろうかと
頭の中で立場と立場が向かいあい
くるくると位置をかえてうごいていた。


ひとつ、しごとが無事におわると
とても嬉しい。安堵します。

スーパーで、陳列されている商品の中でも
お、これは贅沢、ビーフカレーのレトルトを買い
冷蔵庫にあったトマトをスライスしのっけてたべた。
外で食べるのはいやだけど手間をかけて作る気もなく。
かんたん自炊でねぎらう。

画像(245x240)

Posted by 早織 at 22:28 パーマリンク

2018、冬 [おぼえがき]

2019.01.16 Wed

画像(337x450)・拡大画像(480x640)


A PUPILデザイナーの
永田大輔さんに写真を撮っていただきました。

画像(337x450)・拡大画像(480x640)

Posted by 早織 at 20:33 パーマリンク

トーキョーでキョートみつけた [おぼえがき]

2019.01.11 Fri

画像(450x450)・拡大画像(640x640)

京都でのミシマ社新年会で
内田樹先生にお会いしました。

「3年続けたらその道の人になれるよ。
多くの人が、何かはじめても3年続かないから」

と伺い、書くことを3年以上
続けていきたいと思いました。

ミシマ社のWeb雑誌
みんなのミシマガジンでのこれまでの連載、
読んでいただけましたら幸いです。

筆致の拙さに毎回うちひしがれますが
そのとき感じていたことから逃げないように
書いてきました。


第1回 ゆりかもめ

第2回 さば

第3回 さんしょ

第4回 たまねぎ

第5回 ニッキ

第6回 みず

第7回 ゆめ

第8回 いちじく

第9回 しょうよう

第10回 たまご


Posted by 早織 at 17:58 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

早織

プロフィール

早織

誕生日:1988年5月29日
出身地:京都府

最新情報

●早織公式インスタグラム
saorioboegaki

<舞台>
ヨーロッパ企画20周年ツアー
「サマータイムマシン・ブルース」
「サマータイムマシン・ワンスモア」
http://www.europe-kikaku.com/


<執筆>
ミシマ社 Web雑誌 みんなのミシマガジン
「トーキョーでキョートみつけた」
http://www.mishimaga.com/books/tokyo-kyoto/000012.html


<広告>
三菱UFJ信託銀行
企業広告「心の資産 篇」
https://www.tr.mufg.jp/brand/kokoro/index.html?link_id=main_kokoro

<WEB>
「ぷらすと by paravi」
ぷらすとガールズ
http://www.wowow.co.jp/plast/

早織おぼえがき

こちらのQRコードからケータイ版へアクセスできます


RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[Login]


Copyright(C)2008 STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.